OpenStack, CORD Remain Central to AT&T Virtualization Plans

AT&T may have missed its year-end 2016 goal for deploying its OpenStack-based AT&T Integrated Cloud (AIC) zones, but the carrier remains fully committed – for now – to the OpenStack platform. The AIC zones are physical locations where the carrier runs virtual network functions (VNF).

via http://ift.tt/2sLfyKO

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中