OpenStack上のNWトラフィックをKibanaで可視化する – hirokiaramaki

Logの可視化として、FuluentdとElasticsearch/Kibanaの組み合わせが使われています。今回のこの組み合わせで、OpenStackのOVS上に流れるトラフィックを可視化します。NWトラフィックを可視化する場合にOpenStack環境の物理スイッチ側

via http://ift.tt/1WsqCrf

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中