OpenStack adoption stays niche with new deployment prospects

With pursuit of large-scale public cloud mostly in the rearview mirror, the role of OpenStack in mainstream IT remains an open-ended question as it makes its way into more niche uses. OpenStack was launched in July 2010 as a much-ballyhooed open source standard for cloud computing.

via http://ift.tt/1SWhtXK

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中