Canonical aims to drive NFV uptake with interoperability labs for carrier testing

Ubuntu Linux firm Canonical is starting an interoperability lab to allow telecoms service providers to validate the capabilities of virtual network function appliances ahead of any deployment in a production environment.

via http://ift.tt/21kJJEp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中